« [続]お試しデート@Queen Of Chickens 京都西院店 | メイン | Datingについて@二条高倉 月と六ペンス »

2016年3月23日 (水)

セカンドパートナー@アラビカ京都 藤井大丸

毎月、オフィスに届く雑誌が何冊かあって、ちょっと時間が空いたものだから、その中から適当に手に取って社外に出て、コーヒーを飲みながら流し読みしていたら、ふと目に止まった見出しから、“セカンドパートナー”なる言葉があることを初めて知り、何気なく読み進めてみたわけです。

ユナイテッドアローズさんの店内にあったOMOTESANDO KOFFEEさんに続き、近くにあったアラビカ京都さんまで閉店した時には、非常に残念に思ったものですが、フジイダイマルさんの店内に再び登場することになり、コーヒーが好みの味わいということもあって、とてもうれしく思っています。

香ばしいアロマを楽しみつつ、先程の雑誌の記事を読んでいくと、この「セカンドパートナー」というのが、2番目ってことじゃなくて、いや、そうなんだけど、パートナーというくらいだから相手は1人だと思うじゃないですが、それなのに“複数”が前提のように書かれているわけなんですよ。

セカンドパートナーの詳細については、定義というのか、解釈かな、はっきりしたものがないようなので、ネット上に情報がたくさんありますから調べてみていただきたいと思うのですが、ざっと読んだところでは、不倫とは違う概念で、ある意味では、もっともっとぶっ飛んでいるんです。

巷では“プラトニックな婚外恋愛”っていうのもあるらしく、個人的には、そんなものが本当に成立するのか、はなはだ疑問なのだけど、これは不倫から性的な要素を抜きにしたものという解釈でいいみたいで、これに対してセカンドパートナーは、いわば複数を相手にした不倫という感じか。

なにやら、今春にテレビドラマで、林真理子さんの「不機嫌な果実」が放送される予定と聞いた上、それが金曜の深夜というあたりに、これを題材にするには適当な時間帯があるということなのかとも思うわけですが、地上波での放映のようだから、そこまでのことでもないのかも知れません。

セカンドパートナーを持つには、複雑な人間関係をコントロールする必要があるのだから、大変なことですよね。

アラビカ京都 藤井大丸
京都市下京区四条通寺町西入ル、フジイダイマル1階

以前は四条通に面した外部に屋台っぽく設置されていたのですが、それが一旦は撤去になって、今度は店内に登場しすることになり、コーヒーを気に入っていたので喜んで行ってみたら、客席がガラス張りで丸見えという、路面から店内に入っただけやないか!っていう感じ、但し、コーヒーは美味しい。

Sponsored links

プロフィール

  • 京都で投資京都、大好き!その京都を拠点に活動しています。パブ、バル、バー、カフェで語らい、友人・知人ネットワークをもりもり広げる毎日。〜The Quiet Stormのように〜について詳しくは、こちら
  • ご感想、お問い合わせは・・・
    更新は不定期/コメントは、どうぞお気軽に。また、連絡を取る方法はこちら
  • 著作権について
    (cc) 快楽的恋愛のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズのライセンス下で自由に利用することができます。

Sponsored links

アーカイブと新着情報