« ルブタン嬢と日本酒@高倉四条たかはし | メイン | 恋愛を“恋”と“愛”に@京都市内某所 会員制サロン »

2016年11月30日 (水)

やや濃厚な恋バナ炸裂@ブラッスリーカフェ オンズ11

eoブログが来年の3月末でサービスを終了するというアナウンスがありましたが、快楽的恋愛は、関西どっとコム時代の2005年から更新しているので、長期に渡ってお世話になっているわけで、あと何回くらい更新できるか分からないけれど、最後まで書き続けたいと思っています。それでは、本題へ。

大人になれば、仕事に恋愛にと忙しいから、都合なんて聞いていたら、いつまで経っても決まらないので、幹事が一方的に日時を指定し、参加するなら手を挙げ、ダメなら諦めることにしようということになったら、一次会は4人だけという予想外の結果に、何を思ったか、8人で予約するという暴挙(笑)

やっぱり行くと、絶対に言い出すよとの強気の発言に、本当かなと様子見をしていたら、直前には10人にまで増えたらしく、お店に変更の連絡を入れたところ、「すでに席が埋まってしまっているので無理なんです」と断られたと聞いて、1回転目は全て予約席になるとは、さすが人気店ですよね。

で、今回のメンバーは、“モテ系”とあって、何というか、集まると華やかなんですね、まぁ〜こんなことを書いたら怒られるけれど、特別な美人とか男前ってわけじゃなくとも、自己肯定感を持っているから、自分に自信があり、ハツラツとしている、もしくは凛とした雰囲気があるというか。

モテ系だからと言って、恋愛関係が派手かといえば、そんなことはなくて、途切れない程度には相手が見つかるといったことなんだと、彼女たちの感覚というのはそんなものなんですね、別にそうしたくてしているわけじゃなく、結果的にそうなっているだけで、理由なんてものもないんだ、と。

「自信を持っていると、自然にモテるようになるから、まずは自分磨きよ」と、それから、「自分を大切にしない人がモテるはずがない」とか、ほかにもいろいろ言い合っていたら、隣席の女子会らしきグループから、「お話を聞かせてもらってもいいですか?」って、声がかかってしまって(笑)

それで、みんなで乾杯したりして、あれこれ語り合ったんですが、ここには書けないくらいの濃厚な恋バナまで発展し、すごく盛り上がったものだから、アカウントやらアドレスやらを交換して、またの機会に一緒に飲みましょうって約束までして、客席で友達が増えるという食事会でした。

実際のところ、見た目には判断できなくとも、モテる人っていうのはいるもので、まさしく彼女たちがそうなんだけど、ちょっと話してみると、非常に話題が豊富だし、口火を切ったかと思えば、聞き役に回ったり、心得ているというのか、話していて楽しいと、隣席の女性たちも言っていたくらい。

その彼女たちも含めて忘年会をすることになったと連絡があったので、近々、また会うことになりそうです。

Brasserie Café ONZE 11
京都市下京区木屋町通四条下ル

ブラッスリーとは、お料理とアルコールを提供する、本国フランスでは、カフェとビストロの間くらいに位置する飲食店の業態なんだそうで、日本でいえば居酒屋ですねとのことなんですが、オンズさんは、週末なら満席状態が続くほどの人気店。カンティーヌ オー ディスコさんの姉妹店でもあります。

Sponsored links

プロフィール

  • 京都で投資京都、大好き!その京都を拠点に活動しています。パブ、バル、バー、カフェで語らい、友人・知人ネットワークをもりもり広げる毎日。〜The Quiet Stormのように〜について詳しくは、こちら
  • ご感想、お問い合わせは・・・
    更新は不定期/コメントは、どうぞお気軽に。また、連絡を取る方法はこちら
  • 著作権について
    (cc) 快楽的恋愛のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズのライセンス下で自由に利用することができます。

Sponsored links

アーカイブと新着情報